住宅購入のタイミングは人によって違います

 

よくある質問に、何歳ごろに住宅を購入すると良いのでしょうかというものがあります。

 

その答えには実は正解はありません。あえて答えるとすると、買いたいと思った今がまさに買い時ですと言えるでしょう。

 

 

住宅購入には様々な理由があります。子どもの教育のためであったり、両親との同居であったり、あるいは広くて快適な郊外への転居、もしくは利便性の高い都心部への転居など、人によってさまざまです。それぞれの家族の考え方や価値観、経済状況によってタイミングが異なりますのでベストな時期というの定義するのは難しいものです。

 

しかしその中であっても、一般的に良しとされるタイミングは存在します。

 

それはお子様のいらっしゃるご夫婦の場合であれば、お子様の小学校入学前が良いでしょう。

 

子供の環境を考える

 

持ち家の場合には転居に伴う転校の可能性が低く、お子様の教育環境を整えるのには最適です。同じような理由で、中学校への入学手前で購入に踏み切るご家庭も多いものです。

 

やはり住宅購入のタイミングは、お子様の成長に合わせて考えている方が多いものです。ご夫婦の年代としては30代後半から40代前半に掛けてが多いでしょう。

 

お子様のいらっしゃらないご夫婦や、既にお子様が独立されているご夫婦が、経済的に余裕のできた50代以降に購入するというタイミングも少なくありません。

 

その場合は便利な都心部へ手頃な広さのマンションを購入される例が多く見られますが、逆に田舎暮らしを希望されて郊外の戸建住宅を購入される例もあります。

 

現在はローン金利も低く住宅購入によいタイミングであるとも言われています。

 

少しでも住宅購入をお考えの方は一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。